Day_5 : 因数分解の新しい解き方

このビデオを見ての気づきは、まず二次方程式(二次関数ではなく)を「解の公式」を使って因数分解の形にすればどのような二次方程式も因数分解の形にできるということか、と思います。

数式
$$ ax ^ 2 + bx + c = (x – A)(x- B) $$

すなわちAとBが二次方程式の解なので、当然因数分解の形にできるわけです。

彼はちょこちょこと間違った説明(言葉は数字)をすることがありますが、多分、多くのことをやっていて、気が付かないのだと思います。それも魅力かもしれません。

これもよくわかるYoutubeビデオです。ただ92%というのは大きな間違いをしていて、9.2%でしょう。と突っ込みしたくなりましたが、全体の流れと説明は素晴らしいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA